「主人公は僕だった」ハリウッド映画 hulu無料動画配信

主人公は僕だった
(原題: Stranger Than Fiction)
2006年 アメリカ・ハリウッド映画

出演:ウィル・フェレル、ダスティン・ホフマン、マギー・ギレンホール、クイーン・ラティファ、エマ・トンプソンほか

ちょっとあらすじ
内国歳入庁(アメリカ国税庁)に務める極めて几帳面なハロルド・クリック(ウィル・フェレル)は、毎日同じ時間に起きて同じ生活を送り、同じ時刻に就寝するという日々を繰り返していた。女性関係も全くなく友人もほとんどなく、良く言えばとても規則正しい生活、悪く言えば酷くつまらない生活だ。
そんなある日突然、“声”が聞こえ始めた。その声は他の誰にも聞こえず、そして自分を良く知る誰かの声だった。
その声に心を乱され精神的に疲弊し始めたハロルドは、医師の勧めで長期休暇を取る事に。するとその“声”は腕時計の誤作動をキッカケに「ハロルドが死ぬ」と言うのだ。
そこでハロルドは今までとは180度違う生活を送り始める。

ストーリーの出だしはとても静かでこれといった興味を引くようなイベントも無く、期待せずに眺めるような印象を持っていましたが、徐々に盛り上がっていく展開。
これを観て思い出したのが、私が若い頃、意中の女性を初めて2人きりで映画に誘った当時の記憶でした。その映画が1994年トム・ハンクス主演の「フォレスト・ガンプ/一期一会」で、不器用な男が人生を切り開いていくといった内容だったのですが、一緒に行った隣の女性が気になって当時の私はストーリーに入り込む余裕もありませんでした。
でも彼女は映画の後半で感動して大泣きしたんですよね。

結局その女性とは一度も付き合う事無く疎遠になってしまいましたが(私事ですが・・)、この映画「主人公は僕だった」の雰囲気や話の流れに、「フォレスト・ガンプ」と同じ種類のニオイを感じました。

主演のウィル・フェレルもこれといって知名度のない俳優ですし、ワクワク・ドキドキを期待して観るような作品ではないですが、女性にはとてもハートフルな映画ではないでしょうか。
彼女と一緒に観る映画におすすめです。

現在、動画配信サービスHuluにて、いつでも視聴可能です。
(※2016年4月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHulu公式ホームページでご確認ください。)

パソコンからスマートフォン、タブレットまで、
映画を見放題!動画配信サービスHulu(フールー)
今なら2週間無料トライアルでタダで見放題です。

Hulu詳しくはこちら⇒huluの評判と無料お試し口コミ!