寄生獣セイの格率 ミギー ストーリー hulu動画配信

寄生獣〜セイの格率」口コミレビュー
講談社 作者:岩明均

ちょっとあらすじ
ある日突然、世界中の空から多数の未確認生物が降ってきた。正体不明のその生物は、人間の鼻や口、皮膚から体内に侵入して脳を喰らい、体を支配する寄生生物(パラサイト)であった。パラサイトは支配した体を使い人間社会に溶け込み、周りの人間をどんどん食し始める。パラサイト自身は変幻自在に姿を変える事ができるため、人相を変え、時には牙となり人を食べ、鋭い刃となって人を切り刻んでいく。超高度な学習能力で人間社会に対応していき、人類の滅亡を脅かす存在へとなっていく。

それまでごく平凡な普通の高校生だった泉新一も、パラサイトの標的として右腕に侵入されたのだが、間一髪のところで脳の占拠は免れ、右腕にパラサイト(ミギー)が寄生する共存生活が始まる。丁度、普通の人間とパラサイト人間の中間の存在となった新一とミギーには、パラサイト人間から人類を守ると言う使命感が生まれ始める。

1988年から1995年に掛けて連載された岩明均の漫画ですが、当時、私自身もタイムリーに読んでいました。
2014年には映画化されて染谷翔太や深津絵里、浅野忠信、阿部サダヲなど、魅力的なキャストが話題になっています。
本当はもっと早くからアニメ化や映画化の打診もあったようですが、権利の問題で最近になってやっと盛り上がっているとの話もあります。

Huluで随時公開しているのでコンプリート可能です。

(※2015年1月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHulu公式ホームページでご確認ください。)

Hulu詳しくはこちら⇒huluの評判と無料お試し口コミ!